LCC 料金変動

LCC航空券の料金は変動する

LCCの航空券は、基本的に料金が変動します。

 

JAL・ANAなどの航空券料金は早割などの設定があり、早く購入すれば安く、曜日や空席状況などで料金が変動することはありません。
しかし、LCCの場合、時期・曜日・空席状況などによって料金が変わります。

 

基本的に、LCCは安い運賃で運航しているため、1つの便にで多くの乗客を目的地に運ばなければ採算が合いません。そのために、まず航空券の発売当初はかなり安い料金で売り出します。しかし、ある程度座席が埋まってくると、最初の料金よりアップします。そして、もう少し乗客を集めたいという時には、キャンペーン価格を打ち出すなど席数限定で安く航空券を販売します。
また、搭乗者が多い時期・曜日の料金は高く、そうでない時の運賃は安い傾向にあります。
航空券の購入時期によっては、キャンペーンで購入した人よりも数千円高くなってしまうこともあるでしょう。しかし、それでも他の航空会社の運賃に比べれば十分安いです。

 

では、LCCの航空券は、どんな時に購入すると高く、どんな時が安いのでしょうか?
完全ではありませんが、傾向としてご紹介しましょう。

 

LCC航空券が高い時期と安い時期

料金が変動するLCCチケットでも、やはり安い時期・曜日・時間帯の傾向があります。
それぞれご紹介していきましょう。

高い時期・安い時期

国内線であれば、時期として高いのはゴールデンウィーク・夏休み・年末年始などの帰省時期など。
例えば、成田〜関空の料金を見てみると、GWの前の週末の運賃は最低料金で6,490円、翌週末の最安値運賃は4,290円。
ところがGW中の運賃は最低でも7,690円、最も高い運賃は18,990円でした。
このように繁忙期の料金は高く設定され、また航空会社によっては追加手数料なども通常より高くなることもあります。

曜日による料金変動

LCCの航空券料金は、曜日によっても変動があります。
料金が高いのはやはり金土日の週末にかけて。
週の半ば(火〜水)あたりに比べると若干高めに設定されています。

時間帯による変動

LCCの航空券料金は、旅行日程を組んで、移動しやすい時間帯の料金は高めです。
1日2便の運航がある区間でも、どちらかの運賃が高く、どちらかが安いです。
全く同じ運賃で運航されていることはほとんどありません。
また、1日に何便かの運航がある区間でも、全便同額ということはなく、安い便と高い便があります。
ただし、繁忙期や混雑する時期でなければ、それほど大きな料金差というわけでもありません。

 

 

傾向でいえばこのような傾向はありますが、LCCの場合は一律ではありません。
平日より土日の方が安い場合もあれば、早朝便・最終便の方が高い区間もあります。

 

早く買った方が安い場合もあれば、そうでない場合もあります。
LCCのチケットは納得できる料金であればいいので、他の航空会社のツアーなど他の格安料金とも比較しながら購入を決定しましょう。
早くから予約することができるなら、JAL・ANAツアーの料金があまり変わらない場合もありますし、ごくわずかではありますが、区間や時期によってはLCCを利用するより他の航空会社を利用した方が安いこともあります。