LCC メリット・デメリット

LCCを利用するメリット

LCCを利用するメリットと言えば、まず挙げられるのは料金が安いこと。
同じ区間でLCC以外のレガシーキャリアと比較すれば、間違いなく安く飛行機に乗ることができます。

 

LCC誕生前には5万円かかっていた旅行費用が3万円程度に抑えられることもあります。
飛行機の料金が安くなることで、旅行にも行きやすくなります。

 

LCCでは料金を安くするためにムダが徹底的に省かれています
例えば、他の航空会社では、国内線でもドリンクサービスがついているため、離陸後に時間が経過すると飲み物が配られます。
これを楽しみにしている人もいれば、ムダと感じていた人もいるのではないでしょうか?
このような不可欠ではないサービスはなく、とにかく安く移動することができます。

 

しかし、安い分デメリットもあり、このメリット・デメリットの両方を把握して利用しなければならないでしょう。

 

LCC利用のデメリットは?

料金が安く無駄がないというメリットとは逆に、いくつかレガシーキャリアと違うことがあります。
LCCを利用するデメリットについて、レガシーキャリアと比較しながら考えてみましょう。

サービス

レガシーキャリアでは、搭乗すれば飲み物が配られ、必要であれば毛布を持ってきてもらうことができます。
しかし、LCCの場合は乗ってから到着するまで、客室乗務員が何かのサービスを提供することはなく、依頼すれば別途料金がかかるのが基本です。また、機内エンターテイメントもないので飛行機の中での過ごし方は、自分で工夫し準備しなければなりません。

料金の変動

LCCは予約する日程や搭乗する便などによって、大幅に料金が違うこともあります。
中には高速バスのような料金ん時もあれば、利用日が数日違うだけで数千円高くなることもあります。
LCCの料金は空席状況等でも変動するため、早く購入すれば安いというレガシーキャリアとは少し違いがあります。

子ども料金・学割はない

学割を設定している航空会社は数少ないですが、多くの航空会社には子供料金があります。
しかし、LCCの場合には子供料金もなく、ジェットスター・ピーチでは2歳から大人と同額の料金がかかります。
もちろん学割の設定もありません。

追加料金

LCCでは何かを追加しようと思うとすべてに追加料金が必要だということです。
例えば、機内食やドリンク類も全て有料で、荷物を預けるのも有料が基本です。
利用するチケットによっては受託手荷物の○キロまでは無料というLCCもありますが、何かを追加すれば基本的には有料です。
参考:LCC利用時の注意点 持込み・受託手荷物

座席

まず、座席が狭いというのも、LCCの特徴でありデメリットの一つでしょう。
ゆっくり寝たいと思っていても、座席が狭いため少ししか倒すことができません。
しかし、中には広めの座席がある航空会社もあり、その座席の指定はもちろん有料です。
この座席指定に追加料金がかかるのもLCCのデメリットの1つで、家族で隣同士の席を確保したい場合でも、別途料金を払って座席指定をしなければなりません。もちろん、必ずバラバラの座席になるわけではありませんが、万が一離れててしまうのを避けたい時には座席指定をすることをおすすめします。

遅延・欠航時の対応

LCCは1日に何度も同じ飛行機を運航することによって安さを実現しています。そのため、1度遅延してしまうと、その後の便がすべて遅延になる可能性があります。もし機体に不具合等があり欠航になる場合、レガシーキャリアであれば他の航空会社に振り替えということも可能ですが、LCCの場合は、キャンセルもしくは、同じ航空会社の次の便ということになってしまいますので、ビジネス利用時には慎重に検討した方がいいかもしれません。

マイル

マイルがたまらないというのも、LCCのデメリットのうちの一つでしょうか。
「飛行機に乗る=マイル」という楽しみがある方も、この点については期待はできません。
ただし、支払いに利用するクレジットカードのポイントを貯めることは可能です。

 

 

これらのデメリットがあっても、「この値段なら関係ない」と思えるほど安いのがLCC。
LCCは大変コストパフォーマンスに優れた素晴らしい飛行機です。
どんな目的で飛行機を利用するのか、料金かサービスのどちらを優先するのかなどを考えてLCCの利用を考えるといいですね。